ヘルペスは一度感染するとその後原因となるウイルスが長く体の中に残り続ける症状です。
ヘルペスは再発しやすいので注意が必要ですので、最初の感染後に治療が完了したとしても、時間が経ってからまた似たような症状が引き起こされることもあります。
ただそのたびに病院に行くとなると中々億劫なものですし、自分でヘルペスが再発したとわかっているのにまた検査を受けて、診療費を払って、高額な薬を買って飲むということにもなってくるでしょう。

もちろんこれは安全な医療のためには必要不可欠なのですが、人によっては「薬だけを処方してほしい」と考えることもあります。
個人輸入のためのパソコンそうした際に便利な存在となってくれるのが「個人輸入」です。
個人輸入とは海外から商品を自分で利用するためだけに購入することを想定して輸入してくる事であり、これは医薬品についても認められています。
最近では薬の個人輸入を仲介しているサイトもかなり増えてきていますから、インターネット環境があれば誰でもある程度簡単に薬を輸入することが出来るようになりました。
これはヘルペスの治療薬であるバルトレックスでも同様です。

バルトレックスは効果の高い抗ウイルス薬で、ヘルペスが発症した場合には高確率でこのバルトレックスが処方されることになります。
個人輸入をした商品であってもそれが正規品なのであれば薬局で処方されたものと変わることは無いのですから、個人輸入を活用すればヘルペスも自分で治すことが出来るようになるのです。
バルトレックスを通販することは違反ではなく、個人で使用することに限り認められているので個人輸入サイトで注文してみるとよろしいです。
もし現状では症状が出ていないというような人であってもヘルペスは再発をする可能性が高い性感染症ですから、お守り代わりに一週間分でも持っておくとかなり安心できるでしょう。
とはいえこれはあくまでも自分の症状がヘルペスの再発によるものだと確信できる場合の話です。
ヘルペスではない性感染症にはバルトレックスの効果が出ないこともありますので、もし怪しいと感じた場合は必ず病院で診察を受けるようにしてください。

RECOMMENDおすすめ記事